因持有刀刃長達8.6公分刀械,警視聽石神警署於時間七日、地點東京都武蔵野市內,以現行犯違反刀械管制法逮捕了熱門漫畫「死亡筆記本」的作者同時也是漫畫家的小畑健。

經調查,嫌疑犯於六日凌晨00點45分左右,疑似在東京都練馬區大泉町路上停放的車子中,查獲持有折疊式的陸軍專用刀械。逮捕後也立即認罪並且表示會反省。

刀械的所有人為嫌疑犯本身擁有,當時置放在車內的駕駛座置物箱內。案發當時是因該嫌犯並未打開車頭燈而被執行任務的石神井警員攔下臨檢時所發現的。

嫌犯表示當初是為了露營而持有刀械,但因在車上並未找到其他露營用具,因此便以違反了攜帶刀刃超過6公分以上的刀械的禁令逮捕嫌犯。

「死亡筆記本」原作由另外一位作者擔任,小畑健則負責作畫,並於集英社的「週刊少年JUMP」中連載,將名字紀錄在筆記本中可以置人死亡的劇情緊緊抓住了讀者緊張的心態,該作品並已該編為電影,蔚為流行。

小畑健出身新潟,高中投稿後出道,擔任造成兒童間對圍棋熱潮的漫畫作品「棋靈王」的作畫,並於2003年獲得了手塚治虫的新生賞大獎。
刃渡り8・6センチのナイフを所持携帯していたとして、警視庁石神井署は7日までに、銃刀法違反の現行犯で、人気漫画「DEATH NOTE(デスノート)」の作者で漫画家の小畑健容疑者(37)=東京都武蔵野市境=を逮捕した。

調べでは、小畑容疑者は6日午前零時45分ごろ、東京都練馬区大泉町の路上に止めた車の中で、折り畳み式のアーミーナイフを所持していた疑い。「反省している」と容疑を認めている。

ナイフは同容疑者のもので、車内のコンソールボックスに入れていた。車のヘッドライトが切れていたため石神井署員が職務質問して発覚した。

小畑容疑者は当初、「キャンプ用に持っていた」と釈明したが、ほかの準備が見当たらず、同署は刃渡り6センチ以上の刃物の携帯を禁じている同法違反に当たると判断した。
デスノートは原作を別の作者が担当し、小畑容疑者は作画を担当していた。集英社の「週刊少年ジャンプ」に連載され、名前が記されると死ぬというノートをめぐる心理サスペンスで、映画化されるなど大ヒットした。

小畑容疑者は新潟県出身。高校在学中に投稿したのをきっかけにデビュー。子どもの間で囲碁ブームを呼んだ「ヒカルの碁」でも作画を担当し、2003年に手塚治虫文化賞新生賞を受賞した。

新聞出處:http://www.sanspo.com/sokuho/0907sokuho021.html

全站熱搜

ohole 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()