漫画家の松本零士さん(68)が、シンガー・ソングライター槙原敬之(37)作曲の「約束の場所」の歌詞が「銀河鉄道999」のセリフを無断使用していると主張した問題で、双方は25日、ともに収束させる姿勢を打ち出した。盗作ではないと主張する槙原側がこの日、弁護士と相談して、自分側から法廷闘争などに持ち込まない方針を決定。松本さんも「もともと著作権を争うつもりはなく(歌詞は)私の作品のセリフだと主張したかった。これで終わりにしたい」と話した。


 松本さんが無断使用と指摘したのは、歌詞の「夢は時間を裏切らない 時間も夢を決して裏切らない」とのサビの部分。これが「銀河鉄道-」の名セリフ「時間は夢を裏切らない、夢も時間を裏切ってはならない」に合致すると主張。槙原の謝罪と出典を明確にするよう求めた。楽曲を発売したレコード会社は、歌詞は松本さんの了解を得た上で制作されたと説明する文書を同社ホームページに掲載するなどの妥協案を松本さんに提示したが、松本さんはあくまで槙原の謝罪を要求。しかし、両者とも泥仕合は回避したい意向で、事実上、収束に向かうもようだ。

http://www.nikkansports.com/entertainment/p-et-tp0-20061026-108552.html


漫畫家松本零士控告シンガー・ソングライター槙原敬之作曲的「約束的場所」一曲當中的歌詞是剽竊自該原作「銀河鐵道999」當中的台詞一事,雙方於25日表示願意和解。否認剽竊的槙原一方與律師討論後於該日決定,不希望將此紛爭帶上法庭的方針。而松本此方也表示「原來就不是為了爭奪著作權,只是為了讓大家了解歌詞是我作品當中的台詞罷了。整件事就到此為止。」

松本所指稱被無授權使用的歌詞為「夢は時間を裏切らない 時間も夢を決して裏切らない」。這句與「銀河鐵道999」當中的著名台詞「時間は夢を裏切らない、夢も時間を裏切ってはならない」一句符合。故松本向槙原要求道歉並且註明原出處。發售歌曲的唱片公司則遵從松本的妥協提案,在公司的網頁上刊登了整個事件的解釋說明,但松本仍要求槙原對己方道歉。然而,兩方目前皆有大事化小的意願,實際上本事件也就此落幕。

--

原本槙原是反駁松本抄襲的說法的。

原事件新聞:

槇原敬之に「999」盗作騒動

槇原敬之に対して怒りをあらわにした「銀河鉄道999」原作者の松本零士氏


 漫画家の松本零士氏(68)が代表作「銀河鉄道999」のフレーズを盗作されたとして、歌手の槇原敬之(37)に抗議していると、19日発売の「女性セブン」が報じており、松本氏はスポニチの取材に「私の言葉を奪われた。どうしてごめんと言えないのか」と怒りが収まらない様子。槇原側も「盗作呼ばわりされて嫌な気分。法廷で争ってもいい」と不快感をあらわにし、全面対決の様相だ。

 問題となっているのは槇原の作詞作曲で人気デュオ「CHEMISTRY」が今月4日に発売した新曲「約束の場所」。スープのCMソングとしてお茶の間にも流れ、オリコンチャート4位に入るなどヒット中だ。

 松本氏が「盗作」と断じているのは、「夢は時間を裏切らない 時間も夢を決して裏切らない」――というサビの部分。これが「銀河鉄道999」(小学館刊)の第21巻に登場する「時間は夢を裏切らない 夢も時間を裏切ってはならない」というフレーズに「そっくりだ」と主張している。

 これは主人公の星野鉄郎のセリフとして使われるだけでなく、作品全体のテーマにもなっている言葉。松本氏は「私のスローガンのような言葉。これを題目に講演会などで若者にエールを送っており、ファンにはなじみ深い。彼が知らないわけがなく、勝手に使うのは盗作」として抗議した。

 両者の話し合いが持たれたのは先週末。松本氏によれば、電話で2度話したところ「当初は“知らない”と言っていたが、2度目は“どこかで聞いたものが記憶にすり込まれたのかも”とあいまいな説明に変わった」という。さらに、16日にレコード会社幹部が謝罪に訪れ「槇原本人が“記憶上のものを使用したかもしれない”と半ば認めたとの説明を受けた」と強調。「本人の口からきちんと謝ってほしい」と求めている。

 これに対し、槇原の所属事務所は「槇原が自分の言葉で作ったもの」と完全否定。「銀河…」を読んだことすらないとし「そこまで盗作呼ばわりされたら、先生の“銀河鉄道”というタイトル自体、先人が作った言葉ではないのかと言いたくなる」と不快感をあらわに。「ぜひ訴えていただいて…」とまで語り、法廷で争うことも辞さない構えだ。

[ 2006年10月19日付 紙面記事 ]

全站熱搜

ohole 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()